INDEXへ戻る


不適切な埋没糸の除去は、アロマ美容外科クリニックの使命(ミッション)です。

プロ中のプロとして、95点以上、アウトスタンディングなレベルの治療を目指しています。


Don't think. Feel !




ご相談は、院長直通メールで!

a-b-c@krb.biglobe.ne.jp

ご予約は、お電話で!

046-828-4112



アロマ美容外科クリニックは、開院以来、他院の埋没糸の抜糸・除去について、多数の症例があります。

ぜひ、除去した糸の写真を確認してください。


アメブロ (2015年1月〜)



2014年10月〜12月

2014年7〜9月

2014年4〜6月

2014年1〜3月

2013年10〜12月

2013年7〜9月

2013年4〜6月

2013年1〜3月

2012年

2011年まで


他のクリニックで埋没法(まいぼつほう)を受けたが大失敗だったという相談が急増しています!

埋没法(まいぼつほう)であれば、すぐに糸を除去すれば元に戻せる可能性は高いです。

今すぐに、ご相談ください。



幅が広過ぎる。

腫れがひかない。

幅が狭過ぎる。

変わっていない。

左右差が大きい。

形が気にいらない。

急に元に戻った。

糸が切れた。

糸がほどけた。

糸の結び目が埋没していない。

糸の結び目(結節)がめだつ。

眼がゴロゴロして痛い。

眼が充血して痛い。

涙が止まらない。


埋没法の糸の除去、抜糸

基本料金 2万円(+税)

除去した糸、1本につき、2万円(+税)が加算されます。

<お支払い例>

1本も見つからなかった→2万円(+税)

1本、除去した→4万円(+税)

2本、除去した→6万円(+税)


院長のココログより



2015年12月29日(火)



他院で埋没法(二重の手術)を受けて、その後、数年たってから、急に、眼がゴロゴロする、チクチクする、痛い、涙が止まらない、充血するといった症状が現れる患者さまが増えています。

こういう患者さまは、手術を受けたクリニックへ行っても、「まったく問題ない」と、門前払いされる場合が多いです。

あるいは、手術を受けたクリニックが、すでに閉院して、なくなっている場合もあります。

また、近所の眼科に行っても、点眼薬を処方されるだけで、「しばらく様子をみましょう」と、通院を続けるようにいわれるだけの場合が多いです。

しかし、これらは、たいていの場合、瞼板法(けんばんほう)で埋没された糸が劣化して切れるか、結び目がほどけるかして、上眼瞼の裏側(瞼板)に飛び出すのが原因です。

ですから、糸を除去しなければ、症状は改善しません。

今年、当院では、300人以上の治療を行いました。

自称ですが、日本一と自負していますw。

詳しくは、こちらのアメブロで。

http://www.a-b-c.jp/maibotu7.html

こんな糸が、上眼瞼から、たくさん出てきます。

いやー、怖いですねえ、恐ろしいですねえ。










INDEXへ戻る