INDEXへ戻る


トランサミンの錠剤





トランサミンは、肝斑(かんぱん)に有効です。

1カ月分 100錠 3150円(税込)

1日3回、内服してください。

(通信販売は、しておりません)



来院できない方には、トランシーノを、お勧めしています。

お近くの薬局に、ご相談ください。




トランサミンについて

トランサミンは第一三共ヘルスケアの商品名で、一般名はトラネキサム酸といいます。

トラネキサム酸は抗プラスミン作用があり、本来は止血剤として処方される薬です。

しかし、理由はよくわかりませんが、この薬には美白作用があり、特に肝班に有効といわれています。

美容外科、美容皮膚科では、よく処方される薬です。

(健康保険の適用はない)

同時にビタミンCやビタミンEを十分にとるようにすると、さらに効果的という報告があります。

当クリニックでは価格も安くしています。

一度、だまされたと思って、2カ月間、内服してみてください。


肝斑(かんぱん)


顔面の後天性班状色素沈着症で、30〜40歳代の女性に発症することが多いが、5〜10%の患者は男性例であると報告されている。

原因は他因子の関与が推定されており、遺伝、紫外線照射、卵胞ホルモンや黄体ホルモンによる色素細胞の活性化、経口避妊薬の服用、化粧品の影響などがあげられる。

表皮基底層の色素細胞の数が増加するのではなく、メラニンが増加することによる。

■治療の一般方針

@治療方針の立て方

まず、肝斑だけによる色素沈着か、炎症後色素沈着が加わっていないかを検討する。

接触皮膚炎の合併が考えられる場合は、その原因の特定、除去と治療に努める。

レーザー治療は有効性が確認されておらず、むしろ色素沈着が増強されることがあり勧めない。

グリコール酸やサリチル酸を使用したケミカルピーリングは併用療法として期待されている。

A全身療法

メラニン生成を直接阻害する作用を有することからビタミンCの内服療法が行われるが、単独投与では効果が弱く、トラネキサム酸やビタミンEとの併用療法が比較的効果を有する。

(ただし、保険適用がないことに注意を要する)

トラネキサム酸は色素細胞のメラニン産生抑制作用を有する。

B外用療法

保険適用を有する外用薬はなく、医薬部外市販品を紹介することになる。

ハイドロキノン、コウジ酸、アルブチン、ルシノール、リン酸型ビタミンCなどの美白剤が売られているが、刺激を有したり、接触皮膚炎を起こす可能性もあるので注意を要する。

トレチノインは日本で未認可である。

■生活指導

紫外線の暴露をできるだけ避けるために、昼間の外出を控え、帽子や日傘の使用を勧める。

UVA、UVBの双方を遮光するサンスクリーン剤を使用してもらう。

過剰な外用薬や化粧品の使用を避け、紅班や掻痒が出現した場合は早めに受診するよう促しておく。

長期にわたり、根気よく治療と生活上の注意を続けることが大切である。

※「皮膚疾患最新の治療 2009ー2010」 南江堂 より

※興味を持った方は、本をご購入ください。

(大きな書店の医学書コーナーにあります)



INDEXへ戻る